• ホーム
  • 媚薬の禁忌事項と使用量とは

媚薬の禁忌事項と使用量とは

媚薬には女性の不感症を改善するものや性器の潤いをアップさせるもの、興奮作用のあるドーパミンの分泌を促すものなどがあります。
不感症を改善するものや性器の潤いをアップさせるものの場合、性器周辺の血流を良くする成分が多く含まれており、男性用の精力剤と同じような効果があると言えるでしょう。
ドーパミンの分泌を促すものについては、女性は性行為の際に男性よりも感情の影響を受けやすいため、性的興奮を高めるために使うものとなっています。
媚薬は必要な時にだけ服用するものなのですが、性行為をする時間を考えて服用することが大切です。
持続時間は人によって異なっているのですが、食後すぐの服用は控えた方が良いでしょう。
副作用などが気になる場合、最初は少ない量を服用して様子を見ることがポイントです。
また、神経伝達物質を刺激するタイプの媚薬の場合、効果が出るまでに時間がかかってしまうこともあります。
媚薬として一時的な効果を得たいという場合、やはり血流を良くするタイプや性器の潤いをアップさせるタイプにした方が良いでしょう。
海外の媚薬は効果が高いのですが、日本では認められていない成分が配合されていることがあります。
そこで海外製の媚薬を購入したいという場合、個人輸入を利用する必要があります。
この場合は処方箋の必要がありませんし、手軽に購入できるというメリットがあります。
しかし、媚薬には風邪薬などと同じように副作用や禁忌事項などもあるため、正しい使用量や使用方法をしっかりと守りましょう。
ちなみに、効果の出方は人によって異なっており、多く飲んでも効果が高まることはありませんし、副作用などが出てしまうこともあるので注意が必要です。